スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.S.

はふぅ

実は左下にあるメールフォーム機能が機能していない上に
ブログパスワードを忘れてしまったり
かなーり不便なブログに仕上がっていたので
移転を前々から考えていた。

あとは内容もごちゃごちゃとしてしまったりと
理由を挙げればキリが無い程に

決め手となるのは
ネットゲームのPSO2ブログになっていたのに
PSO2がまともにできないから、という訳である
それとリアルの友人がみてるのを忘れてた

そしてPCのメールを半年以上も見ていなかったのに
ふとしたきっかけで見てみたらブログからのメールが

あ、直ってたんだ。
と思いつつ覗いてみたり
見ようと思わなければ相当長い間気づかなかっただろうなぁ

まぁ、これはこれで残して終わらせようかな
一応、何かの印にはしておきたいし。

友人の足跡が残ってたりすると後が怖いし・・・。

今度始める時はリアルで面識のある人が見られない様にしよう
そうしよう。

という事でダルセーニョ。


スポンサーサイト

最後の日記

もう書くことなんて無いが一言だけ

聞こうとするのはその人と向き合いたいからなんだろうね
話そうとするのはその人に振り向いてほしいからなんだろうね

結局何言いたいのかわからん。

最後の日記とか書いてる割に
くだらない一言

続きを読む

白色でも黒色でも灰色でもなく


これが本気の恋っていうのかな
寝ても覚めてもずっと考えてしまう

少女の様に純粋で
娘の様に可憐で
母の様に優しい

そんな君を愛しく思う

君に出会えた事が私の人生の宝物

臆病者でごめんね
君を大切にしたいと思えば思う程
離れなければならない

私には隣にいて欲しいなんて言えない
苦しめると分かっていて引き寄せる事なんてできない

だけど私は隣にいて欲しいと
願ってしまう

ただ隣にいてくれる
どれだけでも頑張れる気がする

ただの願望

君を苦しめたくない、邪魔をしたくない
君は私といるより他の人といた方が幸せになれる

幸せを感じるかどうかは君次第なのかもしれないけれど
少なくとも私といるより幸せになれるさ

私は君と過ごせた時間がとても幸せだった
もし君も私といて幸せだと少しでも感じる事があったのなら

それを恩返しとさせてほしい
私にはそれだけで十分なんだ

君が何を思って、何を決めようと
私はそれを受け入れようと思う

私は君に感謝してもしきれない程に感謝している
素直でいる事の大切さを君に教えてもらった

でも君には素直に言えない言葉があった

傍にいてほしい

こんな身勝手な言葉は私にはいえない
それと同時に無責任な言葉にもなってしまう

君はそのままの君で
自由に生きて欲しい
君が一緒に居たいと思う人と一緒にいてください

私はもう君の邪魔はしないから
君が別の人を好きになった時には
邪魔にならない様に全部消してほしかった
でもできなかったね
記憶は残ってしまう

記憶で残してしまうのなら
せめて物だけでも残さないようにって思った

私は記憶も物も残しておきたいから
受け取りに行ってしまった
本当は時間の中で忘れてくれるのを願っていたのに




もうこんな事をずっと書いていても仕方が無い

最後にくだらない期待を込めての言葉と
直接会った時に言おうと思っていたのに
いい忘れてしまった
ただ一つだけのお願いを書いて終わりにしよう

私は君の事を愛している
君が何を決めようと私は受け入れる
こんな私に隣にいてほしいと思うなら
傍にいる、いさせて欲しい
ほんとくだらない期待と綺麗ごと

そしてお願いは

続きを読む

現代の恋愛

TVのニュースを見ていてちょっと思った事

ニュースの内容は
ネットで知り合った恋人に嫌がらせ

携帯やPCが一人一台となっている現代
恋愛関係のもつれが非常に多い

こういった顔も知らない、私生活もしらない人との恋愛は
江戸時代の時から既にされていた。

遠距離恋愛が問題でも
顔も私生活も分からない人との恋愛が問題なのではない

コミュニケーションの頻度が非常に早いのと簡易さが問題なのだと
私は考えている。

携帯なんて今の日本社会では肌身離さず持つのが
常識とさえされている。

いつでも返事ができるという状況が
結末を早く迎える関係性をつくっている。

多くの人間が同時に触れ合える環境が
人と人との出会いの大切さを薄れさせている。

寂しい時にネットを使えば誰かと話ができる
飽きたら次の人を手軽に誘える

世の中こんなものさ


余談だが
私はLINEというサービスが大嫌いだ
自身で使った事は無いに等しい
友人から聞いた話では
「既読が送信者にも伝わる」
一見してみれば相手側が見たという証になる
とても便利?な機能にみえるが
相手側からしたら
「なんで読んだのに返事がないんだ」
という事になる。

どんどん便利になるのは良い事だが
便利になりすぎて、非常にめんどくさい事になっている。

相手が友人であれ、職場関係であれ、恋人であれ
相手側の時間を尊重してあげられないのだろうか。

現代の恋愛は会話の様な速さで伝え合える中で
都会の交差点の様な人数と話せる事で

相手を尊重する精神・分かりあう気持ちが欠如してしまっている。


同じ様な事を二度書いた気がするが
まぁ、いいか。

意外にも早く


今の仕事では色々と厳しい事は前回記事にしました。

二月前程に友人から
「俺のとこで働かない?」
というお誘いを受けていたのだが

「まぁ、気が向いたらそれもいいかもね」
なんて言ってしまった事があり

近日、その友人から
「職場の人に話はつけたからまた改めて電話するね」

・・・行くなんて言いましたっけ?

いや、ずっと仕事の話は聞いてるから
給料も、職場環境も、時間も今の自分の仕事より
格段に良いのは分かってる

人間関係も友人繋がりと言えば
何の情報も無い人と接するよりは
はるかに気軽にはなるだろう。
(話の話題も増えたりするもんね)


しかし・・・いいのか?

こういう状況に陥ると
どうにも話が出来上がり過ぎていると感じてしまう。
まぁ、もうそろそろ二桁にもなる年月を共にした友人なのだから
今更騙す騙される関係では無いのは常々思うが
本当にいいんですか?

と、思いつつ
来年になったらすぐに入社という形になるらしいので
今の仕事は今月で辞めさせていただきます。

どうしようか悩んでいた矢先にこんな話が
舞い込んでくるなんて
ほんの少し、微塵程だけ神様がいるのかと思ってしまう。
(神とか信じない人)

あ、神話は結構好きだけど。

来年に向けて色々忙しくなってきたなぁ
職も、気持ちも一新して頑張っていかないと。

カウンター
プロフィール

サララ

Author:サララ
PSO2 (引退)

ヴァイオリンがわりと好き
気分で絵を描く

このブログは愚痴と
適当な個人の考察。
ヴァイオリンや音楽に
関する記事で構成させて
いこうと思います。

個人的な考察に関しては
私が思った事を
適当に書いているだけ
なので理解できなくても
仕方の無い事です。
見流す事を強く推奨します。

考える事が好きなのかもしれない。

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
twitter
リンク
リンクとバナー
バナーの仕様・リンク等 ご自由にどうぞ      ・URL http://0sarara0.blog.fc2.com
・バナー pso20121112121_0421521_002
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。