スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詞の様な小説の様な


僕の時間は止まったままだ。

何かを思い出したかの様に動いては
次の日には忘れている。

一見、それは進んでいると思うだろう。

しかし僕は逃げているだけなのだと気付く。

何を思い出したのか

やりかけの事を思いだしたのか
忘れていたい事を思いだしたのか

僕は動き出す
だけど次の日にはもう忘れているんだ。

だから今、僕はどうしたらいいのか分からない。

また何かを思い出すまで僕は待つしかできない。

思い出したら動く
そこには意思も理由もない。

わからないまま月日は経ってゆく。

明日の自分をえがいても真っ白な光景しか思い浮かばないまま
現実の時間は過ぎていく。

僕の時間は止まったまま。

悲しみなんて止まっていても押し寄せてくる。

わかっているのにわからない
そんな矛盾が僕の頭をかきみだしていく。

そうしてまた明日を迎える。
スポンサーサイト

顔で笑って心で泣く

人は何故
悲しい時に笑うのだろう

私はアニメや映画、風景ですら涙が出てきてしまう

仕事や遊んでいる時は嫌な事や悲しい事があっても泣きはしない

私は自分で感情移入しやすい人間だと思う

人の泣き顔や悲しい事柄を垣間見たとして
悲しいと思う前に涙が頬を伝っている。

私がただ弱いだけなのだろうか
堪えれば人は強くなっていくのだろうか

私にはわからない

悲しい時に笑う人間は何を思っているのだろう

泣くこと=弱さ
なのか
自分で自分がわからなくなったのか

考えても答えは出てこない
そもそも答えなんてあるのかすら分からない

泣く事はいけない事なのだろうか
泣いたら相手に迷惑なのだろうか

いや、迷惑なのかもしれないな
人によってはこの上ない迷惑にもなりかねない。

でも頼れる人の前では堪える必要なんてあるのだろうか
頼れる人だからこそ甘えれられないと思うのだろうか

もしかしたら顔で笑って心で泣く人というのは
人を信頼できないからそうしてしまうのでないのだろうか
周囲への思いやりの結果がそうなってしまうのではないのだろうか

どちらにしても
少し、悲しいと思ってしまう。

弱い自分を受け入れるのも強さ

私はそうだと思いたい。

いつでもどこでも泣いてばかりは困ってしまうが
一人でいる時くらい
信頼できると思った人の前でくらい


泣いてもいいんじゃないのかな。


(アニメを見てこんな事思うなんて私くらいですよね)

結局

この記事はブロとものみ閲覧できます

自分を認めるのって大切

この記事はブロとものみ閲覧できます

もう書いてやるか

この記事はブロとものみ閲覧できます
カウンター
プロフィール

サララ

Author:サララ
PSO2 (引退)

ヴァイオリンがわりと好き
気分で絵を描く

このブログは愚痴と
適当な個人の考察。
ヴァイオリンや音楽に
関する記事で構成させて
いこうと思います。

個人的な考察に関しては
私が思った事を
適当に書いているだけ
なので理解できなくても
仕方の無い事です。
見流す事を強く推奨します。

考える事が好きなのかもしれない。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
twitter
リンク
リンクとバナー
バナーの仕様・リンク等 ご自由にどうぞ      ・URL http://0sarara0.blog.fc2.com
・バナー pso20121112121_0421521_002
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。